vol.2
*福島、フクシマ、FUKUSIMA!*

・2017年10月19日(木) pm7:30〜
My favorite thing

・2017年10月20日(金) pm7:30〜
いま、ここで

・ASPIA ホール(京王新線 幡ヶ谷駅北口2分)

・料金:前売 6,000円 当日 7,000円(全席自由席)

・チケット予約、お問合せ:Tel 03-3376-2471(事務局)

・主催:Japan Korea Channel 実行委員会
https://www.jk-channel.com/

***出演者***

・市川秀男 piano 2月22日 静岡県生まれ
1966年、『ナウズ・ザ・タイム』でレコーディング・デビュー
1976年、ジョージ川口率いるNew Big4に参加。
・中村誠一 alto sax 3月17日 東京生まれ
ジャズ・テナーサックス奏者
山下洋輔トリオ、ジョージ川口New Big4で活動。
現在、洗足学園音楽大ジャスコース教授
・趙寿玉 舞 8月18日 長崎県対馬生れ

1994年、韓国重要無形文化財第97号(サルプリ)の履修者(日本で言う、名取りに相当)となる。

韓国滞在中は”舞踊韓国”主催の「新人舞踊コンクール」で大賞を受賞、北村唱優劇場と国立中央民俗博物館に於いて、李梅芳流伝統舞踊の個人舞踊会、日本文化院に於いて韓国舞踊と韓国音楽に親しむ会を行なう。

日本に戻ってからは、フリーで活動。 2009年には、スタジオを開設、公演活動のかたわら、舞踊教室や、個人指導などを精力的に行っている。
・PARK 歌 12月18日 珍島生まれ
singer、song writer
1984/12/23、24ーテレプシコル
作曲発表音楽会<グリウン・・・>
2003/12/12
素月誕生100年記念音楽会ー椿
・小山太郎 drums 9月22日 栃木県佐野市生まれ。
西直樹(p)トリオでデビュー。99年渡米、NYのジャズシーンで活躍。
2004年帰国。リーダーアルバム『Drumgenic』をリリース。13年2月には3枚目のリーダーアルバム『BEAT THE BLUES/ポニーキャニオン』がリリースされる。
現在は自己のユニットの他、大野俊三(tp)、向井滋春(tb)、角田健一(tb)ビッグバンド、守屋純子(p)、等のグループで活躍中。
パワフルかつ繊細でダイナミックなドラミングはトリオからビッグバンドまで縦横無尽に操り、国内外からも高い評価を得ている。
横浜ジャズプロムナード・コンペティション審査員。昭和音楽大学ジャズコース講師。
・朴クンゾン ザング・韓国伝統打楽器


草茫々

小島 力

草茫々
田畑茫々
村一つ荒れて茫々

二年前
玉蜀黍畑を風が渡り
大根の葉先に朝露が鈴生りの
その畑に
ささやかな豊かさに満ちた
その山畑に

草茫々
野道茫々
蔦かずら絡み合って茫々

幾歳月
牛を牽き 耕運機往き来し
何千回何万回の足跡を印した
その道に
暮らしの汗したたり 地にしみた
その畦道に

草茫々
我が家茫々
軒先を埋め尽くして茫々

かつての昔
子供たち孫たちの歓声はね返り
バーベキューの焚き火燃え盛った
その庭に

生きて暮らした思い出消えやらぬ
その庭先に

草茫々
ふるさと亡々
わが涙滂々

草茫々
何もかも亡々
悔し涙滂々

小島 力
(こじま ちから)
1935年 東京都世田谷区上北沢に生れる。
1945年 母の生家(福島県田村郡移田)に疎開。
戦後、開拓農民となった父に伴って同県葛尾村に移住。
中学卒業後、進学を断念し、同村の郵便局に就職。
局員時代は反原発運動、労働運動、音楽運動に関わるかたわら
十代から始めた詩活動をつづける。
1994年 定年退職。
2011年3月12日 原発事故により避難生活に入る。
現在、武蔵野市の都営住宅に移り、詩作と音楽活動をつづけながら、
被災者救援運動を立ち上げ、「葛尾村原発賠償集団申立推進会」を組織。
同代表を務める。



jk-channel 過去のお知らせ・他